石堂動物病院

病院便りこのコーナーでは飼主のみなさまと動物に役立つ情報を
お伝えして行きたいと考えています。楽しみにしていてください。
※「矢印」をクリックすると他の記事も読めます。

「下痢」って?
アトピー性皮膚炎
ストレスケアのためのアドバイス
犬の認知症
歯みがきトレーニングの方法
デンタルケア商品を考える
歯周病を考える
成功させるぞ!ダイエット大作戦
同行避難
避妊/去勢手術を考えよう
猫のリンパ腫
犬野フィラリア症
犬のリンパ腫
なぜ、腫瘍ができるのか?
消化管 寄生虫のお話
犬の尿石症(膀胱結石)について
僧帽弁閉塞不全症
飛びつきをなおそう
無駄吠えについて
食糞に関して
ネコの腎臓病について
ワンちゃんの高齢化にともなって
甘噛み行動に関して
わんちゃんのしつけについて最新情報
犬の体脂肪について

「下痢」って?

<下痢が認められたら…>

  • 犬・猫が下痢をする原因はいろいろとあるのですが、ほとんどは、食べ過ぎ、ストレスから来る胃腸の疲れ、感染症による一時的な下痢です。
  • 実際には、愛犬/愛ネコが下痢を起こしていて、飼い主が「これが原因だ!」と見極めるのはかなり難しい。
  • 下痢をしていても元気そうであれば、半日から1日絶食し、胃腸を休めることが効果的。
  • そして、水をガブ飲みさせない。
  • 空腹を満たすために水をガブ飲みすると、反射性の嘔吐を引き起こすことがある。
  • 軟便〜水様性下痢が1日で治まったのなら、それは一過性の下痢なのでさほど心配する必要はない。

しかし、下痢以外にこんな様子見られたら要注意です!</u><br /><u>すぐに動物病院へ行き、獣医さんの指示を<br />仰ぐようにして下さい。

  • ぐったりしている(元気がない)
  • 食欲がない
  • この頃、ずっ〜と体重が減っている
  • 嘔吐をしている
  • 2日以上下痢をしている
  • 便の回数が極端に多い(しかも下痢である)
  • 血便、あるいはゼリー状の粘膜がついている

<動物病院で診察を受けるにあたって>

  • 下痢の症状に関して、獣医さんへ伝える内容をメモする。
    (便の状態・回数、いつからか、そのほかの症状、最近与えた食べ物、嘔吐の有無など)
  • いつも食べている食事/おやつなどの商品名が言えるように。
  • 下痢便自体に診断に役立つ情報が含まれている場合があるので、可能であれば、下痢便をビニールやサランラップに包んで病院に持参しましょう。

免疫抑制剤:シクロスポリン

前のページへ次のページへ

↑ページトップへ戻る